古紙リサイクルについて

古紙リサイクルとは、印刷に使用する用紙や梱包目的で1度利用された紙を回収し、もう一度繊維状に戻してリサイクルすることです。

パルプを原料とする紙は、金属などに比較してリサイクルしやすい特徴があり、循環型の資源の代表です。

日本の製紙原料内の古紙の含有率は60%を超えており、世界の中でも古紙利用率の高い国です。

しかし、すでに古紙回収率は71%に達していることから、現在以上に古紙の割合を高めるために、紙やダンボールのリサイクル意識をいっそう高める必要があると考えます。

古紙リサイクル流れ


では、集めた古紙はどうなるのか?の流れを簡単に説明します。

[1]〜[4]までが当社の担当です。

[1] あつめる [回収]

あつめる

家や学校、会社や市役所など、それに紙をたくさん使うスーパーマーケットや印刷会社などから古紙を集める。

[2] わける [選別]

わける

集めた古紙を、新聞・雑誌・ダンボールなどに種類ごと分ける。混じっては困るもの(古紙を固定していたビニール紐など)を取り除く。

[3] かためる [圧縮梱包]

かためる

古紙を種類ごとにギュッと固める。約1トンずつ(約20本の木を守る量)しっかり包む。

[4] はこぶ [出荷]

はこぶ

古紙の固まりを製紙会社に運ぶ。

[5] とかす [溶解]

とかす

古紙をミキサーに入れて、どろどろに溶かす。

[6] うまれる [再生]

うまれる

新しい紙(再生紙)に生まれ変わる!