禁忌品とは

添付画像

 

古紙は、オフィスや家庭等さまざまな場所から発生しますが、古紙の種類によって分別回収しなければ、再度、紙の原料としては使えません。

 

また、回収した古紙のなかに禁忌品(製紙原料とならない物)が混入すると、紙を製造する上で重大な障害が起こります。

 

古紙を排出される際には、必ず禁忌品を取り除いて出していただきますようお願いします。

 


禁忌品例

添付画像

 

【紙製品】
油紙、写真、合成紙、防水加工紙、感熱紙(FAX用紙)、カーボン紙、ビニールコート紙、糊付ラベルやステッカー、シュレッダー断裁した紙、ノーカーボン紙の伝票類、窓付封筒、紙コップ、牛乳パック等ワックス加工された紙等

 

【紙以外】

ポリ袋類、粘着テープ類、ワッペン類、ファイルの綴じ金具、金属製のクリップ類、フイルム類、銀紙、ゴム類、アルミ箔、不織布、セロハン、発泡スチロール、ガラス製品、布製品、プラスチック製品等

 

基本的には紙以外の物はすべて禁忌品となりますが、紙製品に付着している場合が多々あります。

できるだけ取り除いてください。金属製のクリップ類で、ホチキスの針はそのままでかまいません。